正月脂肪肝



正月太り


まとまったお休みの間には、


生活のリズムが変わりますので、


身体の不調を訴える方が多くなります。




お休みの間に


家飲みとゴロ寝で過ごして




身体が重い!




と感じておられる方も


多いのではないでしょうか?




そういう方に注意したいのが


肝臓に脂肪がたまる「脂肪肝」です。



脂肪肝とは・・・


食べ過ぎや運動不足で余った糖質や脂質が中性脂肪に変わり、


脂肪が肝臓全体の30%以上を占める状態をいいます。



放っておくと、


肝機能が悪化して


動脈硬化が進んでしまい、


狭心症や心筋梗塞などの


心疾患や糖尿病などの


深刻な病気も誘発するといいます。


脂肪肝


脂肪がたまっているだけの


軽度の脂肪肝なら、


食事と運動だけで解消できますが、


放置してしまって


脂肪肝に炎症が伴うようになるとたいへんです。




では、脂肪肝を解消するには、


どうすれば良いのか?


軽い脂肪肝なら


体重を2~3kg落とせば解消できます。


先ずは、食事の摂り方に注意しましょう。


次の3つのことに気をつけましょう。



1 寝る前3時間は一切食べないこと。



寝る前には食べない


まずは1カ月で1キロの減量を目標とした


食事制限をはじめることです。



 

2 夕食で糖質を取り過ぎないこと。



お茶碗一杯


厳しいルールを課す必要はありません。


夕食は小さめの茶碗に軽くご飯1杯として


朝食、昼食は何も制限しない。


普段通り何を食べてもよいというメリハリが大切だ。



3 ゆっくり時間をかけて食べること。



時間をかけて食べる


咀嚼はひと口30回を目指し、


食事時間は長くするよう努力します。



運動することが可能でしたら



ウォーキング


そして、毎日30分程度の


ウオーキングに取り組みましょう!


以下は筑波大の研究の報告です。




食事・運動療法に取り組んでいる


31歳から67歳の肥満の男性169人を対象に、


活動量計を使い運動の記録をとり、


脂肪肝がどれだけ改善するかを調べた。




その結果・・・




ウオーキングなど「中高強度の運動」を


週に250分以上、


つまり1日30分以上継続して運動すると、


''脂肪肝を減らすのに効果的だったという。

''


運動をすると・・・


肝臓などにたまった脂肪は


遊離脂肪酸として放出され、


運動のための直接的な


エネルギー源になります。


ただし遊離脂肪酸が使われるのは、


運動を開始して10分後くらいから。


脂肪を燃焼させるには、


ある程度の時間、続ける必要があります




大事なことは・・・




すぐ始められて長く続けられること。


すぐに大きくやせるような


ストレスがかかるやり方は


必要ありませんし、成功もないでしょう。



~参照:日刊 ゲンダイDEGITAL~




お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、
そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466